府中・多摩川親の会

フリースクール多摩川を縁につながる親たちが日々の気持ちを綴るブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓ポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

一人だけの中学校卒業式

長らくごぶさたしていました、STです。
昨日Mの一人だけの卒業式がありました。

振り返ると、中学校の3年間はほぼ不登校で、クラスの授業には数えられるほどしか参加することはできませんでした。

通級も、集団の中に入ることはできず、1年生の後半は一端行くこともできなくなりましたが、2年生からまた行くことができ始め、3学期からは、一人で行くことができるようになり、週一回一時間の個別指導は2年間ほぼ休まずに通うことができました。

中学校の卒業式には出席しないと言っていたので、私もそのつもりで後日卒業証書をもらいに行こうと思っていたら、本当は卒業式当日の午後、不登校生のために校長室でミニ卒業式をしていただける設定になっていたようで、Mは一人だけでしてくださる予定になっていました。

ただ、そのことを知ったのが遅く、私の仕事の都合がつけられなかったので、やはり後日卒業証書をもらいに行くことになり、それが昨日でした。

それでも、校長室でMだけのために、ミニ卒業式をしてくれたのです。
校長室に入ると、通級の先生達がほとんどいてくださり、拍手で迎えられ、流れに沿って卒業証書を受け取り、校長先生の言葉をいただき(Mにだけでなく、私にもありました)、そして拍手で送られました。
校長室から送られて出た後に、卒業式だから写真を撮ろうと、また呼んでくださり、Mと2年間お世話になった通級の担当の先生と、担任の先生の3人を写真に撮ることができました。
Mと私の写真も撮っていただきました。

ほとんど行かなかった中学校ですが、ミニ卒業式をしていただいたことでしっかり区切りをつけることができた気がして、とてもありがたかったです。

2年間お世辞になった通級のK先生は、あまり感情が顔に出ない先生なので、私にとっては実は最後まで謎のままでした。
でも、最初からMと担任の先生を繋いでくれたり、MがK先生と慣れてから、他の先生達とも、オセロ対戦を通してMが知らない大人と関わりを持てるようにしてくれたりと、Mの為になると思うことをひょうひょうとしてくださいました。

オセロは、Mはとても強かったらしく、ほぼ負け知らずだったそうです。

Mに関わってくれた先生、他、たくさんの人達を通して、MもMなりに成長しました。

一番驚いたのは、学校で他の生徒から見られることが嫌で、生徒を見かけると必ず隠れていたのに、3年生の時、三者面談のために教室に行った時、他の生徒を見かけても隠れることなく普通にすれ違えるようになっていたことです。

3年生になると、高校には行きたいと、自分で受験校を決め、苦手な面接や作文も助けを借りながら、努力し、志望校に合格することもできました。
書いてしまうとたったの一行ですが、本当にハラハラどきどきさせられた1年間でもありました。

いろいろな面で遅ればせながらの成長も垣間見られた1年間でした。

卒業式の帰り道で、中学校は行かなくても卒業することができたけど、高校は、出席日数が足りなかったり、単位が足りなかったりしたら、卒業どころか進級もできないのだよと話しました。

4月から高校生ですが、学校に行くことに慣れるのも、勉強をしていくことに慣れるのも、時間はかかりとても大変だと思います。

そもそも高校に通うことができるのかもまだまだわかりません。

でも、自分で決めたことだから、できる範囲でがんばってくれたら良いなと思っています。

M、中学校卒業おめでとう!

それから、Mと関わってくれた先生方、本当にどうもありがとうございました。











スポンサーサイト


↓↓ポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
[ 2017/03/22 21:49 ] 親の思い | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
<br>