FC2ブログ

府中・多摩川親の会

フリースクール多摩川を縁につながる親たちが日々の気持ちを綴るブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓ポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

障がいへの合理的配慮とは

Tです。昨日、障害者差別解消法と合理的配慮について解説した研修に参加しました。
合理的配慮は、その場限りの、または、できる範囲でできる配慮というニュアンスで、環境整備までは至らない、か馴染まない
ものです。

そして、当事者から意思表明がなければ、公の機関でも対応の必要はないという考えだそうです。
車椅子の人が階段の前で困っていたら、普通の人なら声をかける、手を差し伸べるでしょう

しかし、知的、発達、精神障がいの方は困りごとは見ても分からない。何に困っているか分からないから
手を貸しようがないという理屈です。
伝える必要があります。

この春、中学に上がるわが子について私は学校にまだ正式に何に困っていて、どんな支援をして欲しいのか
の意思表明をしていません。
そして、その交渉は、もしかしたら100を望んでも20、30しか適わないかもしれない。いえ、多分最初はそう

でも、教育現場も事例を積み重ねてそれが当たり前になる日がきっとくる
後世のために、声を出してみよう
交渉は楽ではないし時に疲れ果てることもあるかもしれない

ですが、それによって気付かされる人もいる、いろいろな人がいていいんだと認め合える、そんな学校、社会がいい







スポンサーサイト


↓↓ポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
[ 2017/02/04 01:43 ] 親の思い | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
<br>