FC2ブログ

府中・多摩川親の会

フリースクール多摩川を縁につながる親たちが日々の気持ちを綴るブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓ポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フリースクール存続に向けて

Tです。今年も終わります。今年はフリースクールがニュースでクローズアップされた1年でした。先週、ここ多摩川に通う生徒の保護者会がありました。所長からみんなの成長について聞かせてもらいニコニコしていたのも束の間、経営難の話で、一同一気にどん底へ。
数年来繰り返されている廃校の危機ですが、いよいよ今回は最大のピンチです。

今、ここに通わせている保護者として、開設当初から、ここがいつか(いつも年内レベルの話)なくなってしまうのではないかという不安にさらされてきました。
歴代の保護者さんの中には、スクールの活動資金を得るための数社の助成金獲得のための申請をしたり、NPO法人を取得する際の事務を担ってくださったり、生徒たちとフリースクール多摩川主催の講演会のポスター掲示のお願いに店舗を回ったり。
もちろんスタッフさんも一緒に知恵を絞ってきました。

フリースクール多摩川は、お金的には国や市から何の後ろ盾もないので、生徒の会費や所長の貯金を崩して持ち堪えています。でもそろそろそれも限界だそうです。
生活を切り詰めてここに投資してくださってきた所長、ボランティア同然で生徒たちと向き合って見守り支えてきてくれたスタッフさんたち。みんなここがなくなってはいけないと思ってくださっています。そして、一番はもちろん生徒たち。かけがえのない場所、仲間、理解者。それが急に「はい、解散」ってなったら・・・。

ここの必要性を行政に理解してもらってお金の支援を受けられれば理想ですが、それには、ここのスクールの規模や実績、からまだ難しいかもしれません。

今も開設当初の4年前も運営の厳しさは変わらず、火の車。NPO法人になって社会的信用が得られて、実績も少しずつ認めていただいて行政やマスコミなどからの連絡も増えて確実に何かが変わってきています。きっと今、種をまいて、それが数年かけて実をつけてくれると思います。あとは、そこまでどうやってで持ち堪えるかです。

親として最後まであきらめない、できることはすると決めました。
もしも、一緒にフリースクール多摩川の存続について考えていただけるという保護者さんや関心のある方(どなたでも)がいらっしゃいましたらこのブログを通してご連絡お待ちしています。 

ご寄付もお願いしています
多摩信用金庫中河原支店 普通 2370730 NPO法人 フリースクール多摩川

お気持ちだけでも支えになります。


↓↓ポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
スポンサーサイト
[ 2015/12/29 21:00 ] フリースクール | TB(0) | CM(0)

フリマ楽しかったかな

T母です。昨日、フリースクール多摩川の出店している味の素スタジアムのフリマに行ってきました~

手際良くお客さんにお釣りを渡す子、陳列を工夫する子、子供同士隅っこでおしゃべりする子、日頃、フリースクールに顔を出すことが
あまりないので子供の交友関係も良く知らず、へーこの子が○○ちゃんか、とか ○○君の気遣いはいいねとか、うちの子はこんな風にしてるんだ~と参観気分。親御さん達とものんびり過ごしてきました。

とにかく会場の出店数が多くて安いから、ぐるぐるぐるぐる足が重くなるほど他の店を周り、犬用おやつとリードを破格で購入
ラッキー!また行こうっと、店番そっちのけですみません

会場でお茶会に出ているママに会い、話を聞いたのですが、多摩川親の会のお茶会、こじんまりとした感じで、最近は参加者5人前後で細く長~く続いているそうですよ 宜しければどうぞ

スクールの子供達、スタッフさん、保護者さん、支援者の皆様、本当にお疲れ様でした☆
所長の満足そうな笑顔も良かったです。

※皆様、フリマ、準備、後片付け、手伝えずすみません・・。

↓↓ポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
[ 2015/10/19 21:29 ] フリースクール | TB(0) | CM(0)

フリースクール多摩川と学習支援

TMです。私は学校に関することをよく書きます。学校と関わり続けることには賛否両論あって、私もクタクタになっては離れ、また思い直し、と繰り返してきました。 

が、最後は子供に全うな教育を受けさせたいという思いでしがみついています。

教育は、もちろん座学だけじゃない、友達との関係やルールを体感して泣いたり笑ったりできる場所。
でも、うちの子は学校は無機質で時間やルールに縛られ、自由を奪われた軍隊のような場所。
楽しいはずの給食の時間も、お皿が汚れているような気がして食べられない。みんなの会話や行動のスピードも外国語のように
さっぱり分からずついていけない

それが、フリースクールでは、辛いこと、我慢しなきゃいけないこと、苦しいことはとりあえずない。あっても避けられる環境がある。
みんなこれまでいろんな所で悩み、理解されない苦しみを味わってきたから、同じ空間に集うだけで同じような空気を感じ、自分を出せる喜びにやっと出会える。だからどの子も他人の心の痛みを知っている優しい顔をしています。
ここで学校では得られない社会性を身につけさせてもらっています。

次に勉強。ここなら無理に勉強もしなくていい。それは子供にとって魅力のようです。
でも、多摩川は、これまで以上に学習に力を入れています。学習の質の担保は親にとって安心材料で、これを機に会員も増えてくれるといいなと密かに期待をしています。勉強したくない子はしなくていいけど、しなきゃならない雰囲気はまずいので、その辺はスタッフさんも十分配慮してくださいます。

不登校になった直後、『今は勉強はいいから、安心して過ごせる環境で心の傷を癒してね、勉強いつでもできるから』
と皆さんに言われてそうしてきましたが、今、失った年数を取り返すために本人が結構苦労しています。
問題を解いた経験が少ないのでそもそも文章題の意味が分からない、漢字の書き順もめちゃめちゃ。字体も幼稚園児並み。
すぐに投げ出す、あきらめる。そんな意味では、その時々の年齢や能力にあった学習支援はやはり必要だろうと思うのです。
もちろん、いろんな考えがあるので、選択できればいい。

フリースクール多摩川は、一人ひとりに合った多様な通い方ができるところですよ



↓↓ポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
[ 2015/09/25 21:31 ] フリースクール | TB(0) | CM(0)

あいまいが良かったりします

こんにちは、Kです。


先日のスクールのブログに乗っかりまして。


フリースクールって、本当にあいまいな場であると感じます。


学校教育は明確な目標を掲げていて、分かりやすい半面
フリースクールって何してる?何のため?
分かりにくいですよね~。


私も正直分かりません(笑)
だけど、分からなくてもいいんじゃない?


スクールに通う子供達の表情を見ていると
本当に生き生きしていて、みんな水を得た魚のよう。


何かがあるのかな~。
それが分かるのは、皆が大人になってからかもしれませんね。


あいまいで、宙ぶらりんで、よく分からなくて…
ただ、そこに居場所を見出して集っている人達がいる。


フリースクールの存在意義は
それだけの理由でもいいんじゃないでしょうか。


とりあえず今は
笑って楽しく過ごす時間に、意味とか理由なんて要らないと思うのです。



↓↓ポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
[ 2014/12/26 08:05 ] フリースクール | TB(0) | CM(0)

クリスマス会に参加してきました

こんにちは、Kです。


子供達とフリースクール多摩川で開催された
クリスマス会に参加してきました。


なんだかんだ毎年参加していたりします。
回を重ねるごとに人数が増えて、今回は20名以上いたかな?
賑やかで楽しいクリスマス会となりました。


私達、普段はほとんどスクールには行っていません。年に数回です。
はじめましての生徒さんからは「誰?」なんて聞かれたりもしましたが
子供達はすんなりと溶け込んで一緒に大騒ぎしていました。


こうやって、たま~に型のスクール利用も良いと思うのです。
以前は集団から離れてしまう事で、社会性が身に付かないんじゃないかとか
今になっては笑ってしまうくらい、やたら心配していた私ですけど


無理をして集団に参加するよりも、普段は家庭でゆっくりと過ごして
本人の気が向いたときだけ出てくるのもアリかな?と
楽しそうに過ごす我が子達を見ていて思うようになりました。


何よりも、こうやってたまに来ても温かく迎え入れてくれる人達がいる。
本当にありがたいことですね。


もうすぐ冬休み。
皆さんはどんな風に過ごしますか?
寒いから私はどこも行かずにゲーム三昧の予定です(笑)




↓↓ポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
[ 2014/12/22 00:37 ] フリースクール | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
<br>