FC2ブログ

府中・多摩川親の会

フリースクール多摩川を縁につながる親たちが日々の気持ちを綴るブログです

憂鬱な休日

T母です。仕事の休みの土曜日も1日中子供と一緒。パソコンと向き合ってじっくり考えたいことがあってもテレビやゲームをさせてとせがむ、大騒ぎをする、けんかをする子供たち。
「子供だけで公園にでも遊びに行ってよ」「私だって自分の時間が欲しいんだよ」と、今日は大声で言ってしまった。
「私(親)がいないとつまらない、午後から習い事だと思うと落ち着いて遊べない」「今、ゲームがしたいんだよ」
こっちの都合なんて通らない、そんなことは分かっている。それでも
(どうして!自分の子供の頃はとっくに親離れしていたのに。いつになったら子供だけで出かけられるの?)比べたって何の意味もないのに。分かっていても苦しくなる。

理想と現実は違う。
気分転換をしたらいいとか、協力者に手伝ってもらうとか、そんなことでは一時的な解決にしかならない。
私が甘やかしすぎたから、仕事ばかりしていたから、これまでずっとそんな風に見られてきた。

そんな暗黙の視線が孤独な親をさらに、さらに谷底に追い詰める。
気付いて欲しいとか、助けて欲しいとかじゃなく、ただ、理解をして欲しい。
偏見にさらされながら毎日必死に生活をしている普通の親たちであることを。



↓↓ポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
スポンサーサイト
[ 2016/12/17 10:43 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

無神経な人?

今日もなんだか微妙な天気ですね。
J母です。
先程近所のスーパーに買い物に行きました。そこで、Jの同級生のお母さんに久しぶりに会いました。中学は別です。

お母さん「J君元気?」

私 「元気だよ」

お母さん「元気にひきこもってるんだ‼︎」

元気にひきこもってる⁇
ちょっと嫌な言い方だったので、強い口調で

私「ひきこもってないけど」

と言ってしまいました。
その後の言葉が続きません。
するとお母さん今度は、お子さんの部活の話を楽しそうに話し始めました。
悪気はないのかもしれないけど、ちょっと無神経かも…
嫌な気持ちになりそうだったので、私は早々に立ち去りました。

不登校=ひきこもりと思っている方が多いのでしょう。
このお母さんは、Jがフリースクールに通っている事を知りません。スピーカータイプのお母さんに話すと嫌な思いをすることになるので話せないんです。(根掘り葉掘り聞かれて、言いふらされるとか)

私の仲の良い友達と話した時、やっぱり自分が体験しないと分からないこともあるよと言っていたので、このお母さんもきっと分からないんだろうなとは思いますが、言葉を発する前に自分が言われたらどうなのかと考えることがあってもいいのではないかと思います。
私もJが不登校になってから気が付いたので、偉そうなことは言えないんですけどね。

出来れば、「元気なんだね、良かった‼︎」と言ってもらえると嬉しいかなー。




↓↓ポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
[ 2016/08/03 19:44 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

元気です

はじめまして、中1Jの母です。
Jはフリースクール多摩川に6年生からほぼ毎日通っています。

Jの不登校は5年生の7月から徐々に始まり、夏休み明け9月の移動教室の後、週に1度、30分だけ保健室登校になり、6年生からは一度も学校には行ってません。中学の入学式ももちろん行ってません。あっ、中学は一度だけ行きました。

現在のJは、すごく?とても?びっくりするほど?元気です。

これから少しずつJの様子やスクールでの出来事などをブログでお伝えしようと思います。
よろしくお願いします。



↓↓ポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
[ 2016/07/10 01:03 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

6月2日(木)久しぶりのお茶会のお知らせ

6月2日(木)10時から12時まで、片町文化センターの和室で久しぶりにお茶会をします。

不登校や発達障害のお子さまをお持ちの保護者の方、一人で悩まずにぜひお気軽に参加してください!

お菓子を一品とご自分用のお茶をお持ちください。

日頃の悩みを共有して、一緒にまったりとした時間を過ごしましょう。

初めて参加される方は、この記事のコメント欄に参加希望とお書きください。

こちらから返信いたします。

皆様の参加をお待ちしています。

↓↓ポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
[ 2016/05/18 13:37 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

フリースクールに育てられています

フリースクール多摩川の生徒Tの親です。数日前、スクールの所長から最近の子供の様子や今後についてスクールの考えを教えていただく機会がありました。今日はそのことを考えてみます。

スタッフは、こんな風にその子の強み弱みを見ている、将来に向けてこんな方向に長所を伸ばしていけたらいい、それには、この辺はOK、ここは課題、他の生徒児童との関係は・・というかなり具体的なアドバイスでした。

とても納得できる有難いアドバイスでした。学校や塾は、親や子供に気を遣い長所を探して伝えようとしてくれます。できたら褒めるをモットーにスモールステップで自信を持たせてあげましょう、と。

学校や塾に属していてもそこでは、本来の姿を出せない、コミュニケーションも手探りで、その日その日の様子と私からの聞き取りで成り立っているから当然、情報量は少ないです。

フリースクールでは本人が家と同じく素に近い状態でいるし、所長の経験の厚みからくる鋭い洞察により、Tの成長課題や今の立ち位置を確認できます。ここが、今の学校制度では漏れてしまう。そこをフリースクールではスタッフさんにいつも丁寧に埋めてもらって感謝しています。


↓↓ポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
[ 2015/11/21 20:59 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

<br>