FC2ブログ

府中・多摩川親の会

フリースクール多摩川を縁につながる親たちが日々の気持ちを綴るブログです

フリースクール多摩川との出会い

長らくご無沙汰していました。STです。

早いもので、息子は高校2年生になっています。

彼は、小4の2学期から不登校で、小5の時の転校を機にしばらく学校に通っていましたが、また2学期から不登校になりました。

その時に、息子の行けそうな場所を探してたどり着いたのが、その夏にできたばかりのフリースクール多摩川でした。

当時学校には一人で行くことができなかった息子が、フリースクール多摩川には一緒に見学しに行った後すぐに、体験のため一人で通い始めたので、親の私はとても驚きました。

フリースクール多摩川の所長の人柄と、場所の雰囲気が学校っぽくなかったところが息子には安心できる場所に思えたのだと思います。

学校では、みんなと同じようにできない自分に対して、小学校入学時から劣等感や不安感の中で過ごしてきたと思われる息子は、自分を否定する大人と、否定せず理解してくれそうな大人を見分ける感度はとても高かったような気がします。

もちろんフリースクール多摩川の所長も、息子にとっては数少ない安心できる大人の一人に映ったようです。
親の目からみた所長の魅力は、大人だからと子供に偉そうにするところが全くなくて、ダメな自分も子供に隠さず見せてしまえるところもあり、子供目線で接することができるところだと思います。

子供達と打ち解けられる能力はとても高いです。

場所も一軒家で、辛い場所となってしまった学校を連想しなくて済むのも良かったのだと思います。

息子がフリースクール多摩川に通うようになって、今数えてみたら何とまる7年にもなっています。

息子にとっては、そこは、自宅以外にできた初めての安心できる大事な居場所です。

安心して自分の意思で行くことができる唯一の場所です。

これからも末永くお世話になれると良いです。

↓ ポチっとお願いします ♬ ↓


↓↓ポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
スポンサーサイト
[ 2018/10/04 00:47 ] 学校 不登校 | TB(0) | CM(0)

10月20日(土)15時〜17時まで久しぶりに お茶会を開催します。

フリースクール多摩川親の会主催のお茶会のお知らせです。

日時 : 10月20日(土) 15時〜17時

場所 : フリースクール多摩川1階の和室
フリースクール多摩川のホームページ
( http://freeschooltamagawa.net/ )で確認してください。

持ち物 : お菓子一品とご自分用のお飲み物

参加者 : フリースクール多摩川の参加を希望する保護者の方

お子様が不登校でお悩みの保護者の方や、フリースクール多摩川への見学や入会を検討している保護者の方の参加も受け付けております。

日頃の悩みを共有して一緒にまったりとした時間を過ごしましょう!
皆さまの参加をお待ちしています。

お茶会への参加を希望される方は、tamagawaoya@gmail.com (多摩川親の会事務局)まで連絡してください。


* フリースクール多摩川の保護者の方へ *
お茶会の参加希望をまだ伝えていない保護者の方も同じく事務局まで連絡してください。
14時〜15時まで掃除をしますので、お手伝いできる方は早めに来ていただけると助かります。

↓ ポチっとお願いします♬ ↓


↓↓ポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
[ 2018/10/03 20:56 ] 事務局より | TB(0) | CM(0)

一人だけの中学校卒業式

長らくごぶさたしていました、STです。
昨日Mの一人だけの卒業式がありました。

振り返ると、中学校の3年間はほぼ不登校で、クラスの授業には数えられるほどしか参加することはできませんでした。

通級も、集団の中に入ることはできず、1年生の後半は一端行くこともできなくなりましたが、2年生からまた行くことができ始め、3学期からは、一人で行くことができるようになり、週一回一時間の個別指導は2年間ほぼ休まずに通うことができました。

中学校の卒業式には出席しないと言っていたので、私もそのつもりで後日卒業証書をもらいに行こうと思っていたら、本当は卒業式当日の午後、不登校生のために校長室でミニ卒業式をしていただける設定になっていたようで、Mは一人だけでしてくださる予定になっていました。

ただ、そのことを知ったのが遅く、私の仕事の都合がつけられなかったので、やはり後日卒業証書をもらいに行くことになり、それが昨日でした。

それでも、校長室でMだけのために、ミニ卒業式をしてくれたのです。
校長室に入ると、通級の先生達がほとんどいてくださり、拍手で迎えられ、流れに沿って卒業証書を受け取り、校長先生の言葉をいただき(Mにだけでなく、私にもありました)、そして拍手で送られました。
校長室から送られて出た後に、卒業式だから写真を撮ろうと、また呼んでくださり、Mと2年間お世話になった通級の担当の先生と、担任の先生の3人を写真に撮ることができました。
Mと私の写真も撮っていただきました。

ほとんど行かなかった中学校ですが、ミニ卒業式をしていただいたことでしっかり区切りをつけることができた気がして、とてもありがたかったです。

2年間お世辞になった通級のK先生は、あまり感情が顔に出ない先生なので、私にとっては実は最後まで謎のままでした。
でも、最初からMと担任の先生を繋いでくれたり、MがK先生と慣れてから、他の先生達とも、オセロ対戦を通してMが知らない大人と関わりを持てるようにしてくれたりと、Mの為になると思うことをひょうひょうとしてくださいました。

オセロは、Mはとても強かったらしく、ほぼ負け知らずだったそうです。

Mに関わってくれた先生、他、たくさんの人達を通して、MもMなりに成長しました。

一番驚いたのは、学校で他の生徒から見られることが嫌で、生徒を見かけると必ず隠れていたのに、3年生の時、三者面談のために教室に行った時、他の生徒を見かけても隠れることなく普通にすれ違えるようになっていたことです。

3年生になると、高校には行きたいと、自分で受験校を決め、苦手な面接や作文も助けを借りながら、努力し、志望校に合格することもできました。
書いてしまうとたったの一行ですが、本当にハラハラどきどきさせられた1年間でもありました。

いろいろな面で遅ればせながらの成長も垣間見られた1年間でした。

卒業式の帰り道で、中学校は行かなくても卒業することができたけど、高校は、出席日数が足りなかったり、単位が足りなかったりしたら、卒業どころか進級もできないのだよと話しました。

4月から高校生ですが、学校に行くことに慣れるのも、勉強をしていくことに慣れるのも、時間はかかりとても大変だと思います。

そもそも高校に通うことができるのかもまだまだわかりません。

でも、自分で決めたことだから、できる範囲でがんばってくれたら良いなと思っています。

M、中学校卒業おめでとう!

それから、Mと関わってくれた先生方、本当にどうもありがとうございました。













↓↓ポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
[ 2017/03/22 21:49 ] 親の思い | TB(0) | CM(0)

障がいへの合理的配慮とは

Tです。昨日、障害者差別解消法と合理的配慮について解説した研修に参加しました。
合理的配慮は、その場限りの、または、できる範囲でできる配慮というニュアンスで、環境整備までは至らない、か馴染まない
ものです。

そして、当事者から意思表明がなければ、公の機関でも対応の必要はないという考えだそうです。
車椅子の人が階段の前で困っていたら、普通の人なら声をかける、手を差し伸べるでしょう

しかし、知的、発達、精神障がいの方は困りごとは見ても分からない。何に困っているか分からないから
手を貸しようがないという理屈です。
伝える必要があります。

この春、中学に上がるわが子について私は学校にまだ正式に何に困っていて、どんな支援をして欲しいのか
の意思表明をしていません。
そして、その交渉は、もしかしたら100を望んでも20、30しか適わないかもしれない。いえ、多分最初はそう

でも、教育現場も事例を積み重ねてそれが当たり前になる日がきっとくる
後世のために、声を出してみよう
交渉は楽ではないし時に疲れ果てることもあるかもしれない

ですが、それによって気付かされる人もいる、いろいろな人がいていいんだと認め合える、そんな学校、社会がいい









↓↓ポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
[ 2017/02/04 01:43 ] 親の思い | TB(0) | CM(0)

フリースクール多摩川の皆様へ:今年もお世話になりました

小6 Tの母です。そろそろ今年も終わりますね
フリースクール多摩川にはかれこれ5年程お世話になっています。
ここがなかったら今のTはどうなってたか。

とはいえ、5年間で1年くらい全く行かないこともあったっけ。
在籍校に再トライしたり、心機一転、転校もしたけど、上手くいかず
今はここに戻ってきています。 
在籍校には、少しですが完全個別対応をしてもらってます。

それ以外は週1回の塾(個別)と府中市の学習ボランティアさんの補習、フリースクール。
最近、勉強とか将来のことも少しは考えるようになって。

学校に行かれなくても、世間から取り残されないように、フリースクールや家庭、
地域でいろいろ経験を積ませたいとあちこち連れ出します。
地域のお掃除とかお祭りの手伝いとか。それは嫌がらず、喜んでついてくるんです。

とりわけ、フリースクールでは、人との距離感や自己中な性格、背景にある不安感との
付き合い方など、随分と対応できる力がついてきました。

フリースクールで今日何をしたかなんて聞かずとも、楽しそうに話すし、
黙っていても分かってくれる。そんな仲間やスタッフなのだそうです。
そんな仲間、自分にはいたかな?と時にうらやましくなります。

どこかに自分に合うフリースクールがないかと探している方は、
ここはいいかもしれませんよ
答えは自分で見つけるでしょうから。

多摩川の皆さん、いつもありがとうございます。
来年も宜しくお願いします。

メリークリスマス★


↓↓ポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
[ 2016/12/24 23:49 ] 親の思い | TB(0) | CM(0)

<br>